消費者金融が行う融資の内容

お金が必要(若者)15

消費者金融は、個人に対しての小口の融資を中心に行なってきた金融機関です。小口の融資というのは、利用可能額が50万円程度の事です。消費者金融は、身分証明書が1点あれば融資の審査を受けることが出来ます。即日融資が中心であり、緊急に資金が必要な場合には、とても利用価値の高い金融機関です。

以前の消費者金融は、出資法の上限金利である約29パーセントという金利での貸付を行っていました。利息制限法の上限は、元本が50万円の場合には、18パーセントとなっています。消費者金融の設定していた金利は、利息制限法の上限を大きく超えていたことになります。

これをグレーゾーン金利と呼び、出資法の上限を超えていなければ、刑事罰には問われないとされていました。しかし現在では、グレーゾーン金利が撤廃されたために、消費者金融は貸付の際の金利を大幅に下げています。利用者にとっては、金利が下がったということは、毎月の返済額が少なくて済むということなので、歓迎するべきことです。

Top